第一回 ソーシャル防災訓練

ソーシャルメディアを活用した防災訓練に参加しよう!!

開催日
9月19日(水)
開催場所
六本木
ページ公開日
2012年8月27日
主催:
ヤフー
Twitter_Japan
J-WAVE
森ビル

当日は「防災速報」アプリを使います!アプリ詳細はこちら

ソーシャル防災訓練とは

災害時、ソーシャルメディアをかしこく利用し、正しく行動するマナーやルールを学び、体験していただくイベントです。 「防災レクチャー会」と「避難訓練」の二部構成で防災訓練を行います。

第1部 ソーシャルメディアを活用した避難訓練
集合場所:東京・六本木 アークヒルズ(アーク・カラヤン広場)
時間:10時~12時
  1. 避難訓練の内容、参加方法をご説明いたします。

  2. 大規模地震が発生!
    と想定して、避難訓練を開始!

  3. Twitter(ソーシャルメディア)、「防災速報」アプリを活用して、当日、発表される指定の場所まで避難。

  4. 避難中の様子や災害時、危険かもしれない場所の写真や出来事をTwitterへツイートしながらゴールを目指しましょう!

第2部 防災レクチャー会
場所:六本木周辺
時間:12時~12時30分
  1. ゴール地点となる会場にて、Twitter上のツイートや写真から当日の避難訓練を振り返ります。

  2. 普段は一般公開していない、東京の巨大ジオラマ(森ビル制作)を間近でご覧いただきながら、「防災」をテーマにご説明いたします。

  3. お土産に参加記念グッズとお買い物券、非常食をお配りいたします。

なぜソーシャル防災訓練が必要なのか?

今、大震災に備える
リアルタイムにコミュニケーションできるソーシャルメディアは、東日本大震災発生時、大きな役割を果たしました。
しかし、Twitterをはじめとするソーシャルメディア上にあふれる情報の量は膨大です。あなた自身が情報の正確性を検証し、判断できなければ、避けられたはずの二次災害に巻き込まれたり、あるいは招いてしまう可能性すらあります。
生き延びるため、正しい知識を
大規模地震を想定し、ソーシャルメディアを活用したソーシャル防災訓練を実施することを決定いたしました。ソーシャルメディアの活用方法を含めた正しい防災知識を得ていただく機会となります。

ふるってご応募ください!

ソーシャル防災訓練 応募方法

防災訓練実施日 2012年9月19日(水)10:00~14:00
集合場所 アークヒルズ(アーク・カラヤン広場)
実施場所 六本木周辺エリア(避難場所は、参加される方のみに当日お知らせいたします)
募集期間 2012年8月27日(月)~9月11日(火)
応募資格

・第1回ソーシャル防災訓練の第1部、第2部ともにご参加いただける方
・Twitterのアカウントを開設されていて、当日活用するソーシャルメディアに、お持ちのスマートフォン、タブレット端末を使ってアクセスしながらイベントにご参加いただける方

※ご注意
ご参加人数はTwitterのアカウント1つにつき、2名以内とさせていただきます。2名で参加される場合は、代表者様がTwitterのアカウントを開設されていれば結構です。

応募方法
【ステップ1】
抽選結果をダイレクトメッセージにて個別にご連絡をさせていただくため、
TwitterのYahoo!天気・災害アカウント(@Yahoo_weather)をフォローしてください。
【ステップ2】
参加希望の旨と、人数を記載して、以下の内容で参加表明のツイートをしてください。
(例)「ソーシャル防災訓練に1名で参加希望します。 #ソーシャル防災訓練」
「ソーシャル防災訓練」への参加表明をツイートする
募集人数 100名様
結果発表 ・募集期間終了後、厳正なる抽選のうえ、参加者を決定いたします。
・参加者には、TwitterのYahoo!天気・災害アカウント(@Yahoo_weather)よりダイレクトメッセージにて個別にご連絡をさせていただきます。
応募上の注意 ・実施場所までの交通費などは参加されるお客様のご負担となります。
・Twitterにてご応募いただいた後、結果のご連絡前にYahoo!天気・災害のフォローを解除された方は、抽選対象外となります。
・Twitterを非公開アカウントで利用されている場合は、ツイートされても応募対象になりませんのでご注意ください。
・本イベントは天候・災害・事故等により中止となる場合がございます。その場合は、前日の正午までに参加確定者に主催社よりご連絡いたします。中止決定の後、日程を新たに実施する場合は、改めて参加者を募集させていただきます。あらかじめご了承ください。
・イベント会場にご入場の際に身分証が必要となります。
・本イベント参加時に、任意加入できる損害保険(無料)をご用意しております。
当日、詳しい内容をご説明いたします。
・避難訓練の内容、参加方法ご説明後は、一度、解散となります。ソーシャルメディアを活用していただき、ご自身のペース、お好きな順路でゴールを目指していただきます。(主催者による避難訓練の誘導はございません。)
・本イベントでは、公道を使用した避難訓練を行います。長距離(約2.5km)の歩行がプログラムされておりますので、歩きやすい服装・靴でご参加ください。
・当日は、マスコミ等による訓練風景の取材・撮影等を受け付けます。あらかじめご了承ください。
・応募受理の確認および抽選・抽選結果に関するお問い合わせにはお答えできません。あらかじめご了承ください。
・本イベントへのご応募は、日本国内に在住の方に限らせていただきます。
・本イベントは予告なく提供条件や申込期間を変更させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。
・本イベントの主催各社社員および関係者のご応募はご遠慮ください。
主催 ソーシャル防災訓練 実行委員会
(ヤフー株式会社、Twitter Japan株式会社、株式会社J-WAVE、森ビル株式会社)

主催企業と、各社の災害への取り組み

ヤフー

災害情報をリアルタイムに知る「防災速報」
「防災速報」は自宅・勤務先など最大3地域の地震・豪雨等の速報をさまざまな端末でいち早く受け取ることができるサービスです。アプリ版では災害時に発表される公式情報だけではカバーできない、リアルタイムの被害状況に関するツイートをひとめで確認できます。

Twitter_Japan

Twitterで情報収集
Twitterは、政府や自治体、交通機関、電気、ガスなどの災害時に役立つリアルタイム情報の収集や、家族や友人の安否確認に利用できます。また、パソコンやスマートフォン、携帯電話など、インターネットが使えるものであれば端末を問わずに使えます。
また、信頼できる情報を得るために役立つ認証済みアカウントの設定(認証マーク付与)を行っております。

J-WAVE

ラジオ・ライフライン・ネットワーク
J-WAVEでは災害が起きたとき、迅速、正確な報道につとめることはもちろんですが、生活に必要な情報の発信や音楽による心のケアなど、皆様の生活に役立ち、元気の出る放送を心がけています。また災害時、J-WAVEはじめ在京ラジオ7社はラジオ・ライフライン・ネットワークとして相互協力のもと電気、ガス、水道、携帯電話を含む通信の状況を毎時15分から1時間ごとにお伝えしていきます。

森ビル

災害時に「逃げ込める街」へ
森ビルは安全安心な街づくりを目指し、建物の耐震性確保はもとより、来街者、住民、帰宅困難者対応のための備蓄食料約20万食分を完備。タイムリーかつ適切な情報提供のためにエリア限定放送を活用した独自の情報配信システムも構築しています。また日頃から社員による震災訓練も実施し、有事に備えています。

ヤフー、Twitter Japan、J-WAVE、森ビルの4社は、ソーシャルメディアを含めた情報の発信元、または発信するメディアとして、各社の特性を生かし、今後の災害発生時に、真に皆さまに役立つサービスの提供につとめております。
いざというとき、皆さまにソーシャルメディア上にあふれる情報の真偽を判断していただくために、各社が展開しているサービスを本実証実験にてご利用いただき、その仕様や利便性について、皆さまの声をいただきながら、今後さらなる改良を目指していく場として、毎年継続催行を予定しております。
※今回活用されないソーシャルメディアサービスについては、2013年以降のソーシャル防災訓練にて実施予定です。

免責事項
※「App Store」ボタンを押すとiTunes(外部サイト)が起動します。
※アプリケーションはiPhoneとiPod touchでご利用いただけます。
Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
Copyright (C) 2012 Apple Inc. All rights reserved.
※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。
本文はここまでです このページの先頭へ