IDでもっと便利に新規取得

ログイン

    
    
    

災害時の知恵簡易ランタンの作り方

災害で電気やガスが止まってしまい暗くなった時に使える、懐中電灯を利用した簡易ランタンの作り方をご紹介します。

出典: 東京都発行「東京防災」

目次

ポリ袋を利用する

材料
懐中電灯、白いポリ袋、ハサミ

懐中電灯にかぶせた白いポリ袋の持ち手を、懐中電灯に結び付けます。光がポリ袋全体に優しく広がります。

ペットボトルを利用する

材料
懐中電灯、ペットボトル、水、ハサミ
  1. 空のペットボトルを懐中電灯より5cmほど高い位置で切り、切り口に1~2cmの切り込みを4ヵ所入れます。

  2. 懐中電灯を切ったペットボトルに立てて入れ、水を入れた別のペットボトルを上から重ねます。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」206ページ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
災害時の知恵簡易コンロの作り方
災害時の知恵新聞紙で暖をとる
災害時の知恵食器の作り方

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。