台風19号離れても強風や雨に警戒

最新の台風情報に注意してください。

出典: 東京都発行「東京防災」

目次

最新の台風情報を確認

台風によって起きる災害

土砂災害

崖地周辺や山間部では、土砂災害に注意。警報が発表されなくとも、土砂災害の前兆が見られたら、安全を確保した上で避難しましょう。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」144-147ページ

注意ポイント

台風は通り過ぎるのを待つ

台風接近時に外にいた場合は、近くの施設で通り過ぎるのを待ちます。自宅にいる場合は外出を控えます。屋根や窓の補修のために外へ出るのも危険です。

地下からより高いところへ避難する

地上の冠水によって地下に水が流れ込み、避難が難しくなる場合があります。指定の避難場所、または地上に出て近隣の2階以上の頑丈な建物へ。より安全な場所に避難しましょう。

河川や用水路に近づかない

河川や用水路は水があふれ、激しい水の流れができることがあるので、絶対に近づかないようにしましょう。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」149, 151ページ

特別警報が発表されたら

特別警報や警戒レベル5が発表された場合、発表された地域では「重大な災害の起こるおそれが著しく大きい」状況となっています。
つまり、特別警報や警戒レベル5が発表されてから避難行動を開始するのはすでに手遅れの可能性も。
発表される前に安全な場所へ避難することが何よりも重要です。

特別警報」は、都道府県単位の広範囲で甚大な災害が同時多発的に発生し、都市機能がマヒ、多くの集落が孤立して、復旧までに時間を要するような状況下で発表されます。
このような状況で避難行動を始めても、かえって命を落とす危険性が高いことを十分に認識しましょう。

出典:レスキューナウ

避難場所へ避難できないときの避難

数時間大雨が降った場合、一気に特別警報へと変わる場合があります。
すでに浸水や内水氾濫が始まっている場合、遠くの避難場所へ移動する方が危険な可能性があります。
建物のなるべく高い場所に移動したり、近隣の安全な場所に移動することも避難のひとつになります。

避難の注意

避難する際の注意点
  • 可能な限り複数人で避難しましょう。
  • 浸水している場合は、傘などの棒状のものを使って地面を探りながら避難しましょう。
    マンホールや側溝付近は大変危険です。
  • 夜間に避難するのは大変危険なので、避難はできるだけ明るい時間に行いましょう

出典:レスキューナウ

大雨・台風接近時の避難のポイント

1時間に50mm以上の雨が降ると内水氾濫が発生する可能性がある。

  • 特に危険な場所
    山などの急な斜面、河川、用水路、アンダーパス、地下街。
    このような場所にいる場合は早めに避難所や近所の頑丈な建物へ避難する。橋の下での雨宿りは大変危険。
  • 車で避難する場合の注意点
    浸水深が30cm以上になるとエンジンが停止し、浸水深・流速が増すと、自動車ごと流される場合がある。
  • 屋外への避難が危険な場合の避難方法
    斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動する。

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

台風への備え

大雨・台風接近前の自宅の備え

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。