ここから本文です

津波 そのときの行動とは? 津波に対する正しい知識を身につけ、大津波警報・津波警報・津波注意報が発表された場合はすぐに高台などの安全な場所へ避難することが重要です。また、事前に避難経路について確認しておきましょう。

平成5年(1993年)北海道南西沖地震 「津波で被害を受けた港」 写真提供:総務省消防庁チャレンジ48

津波てんでんこ?

  • 津波 漫画1
  • 津波 漫画2
  • 津波 漫画3
  • 津波 漫画4

発生

大津波警報・津波警報・津波注意報が発表されたら、すぐに高台などの安全な場所へ避難!

津波警報・注意報の種類
    • 種類 発表基準と避難行動 地図上の表示例
      大津波警報 予想される津波の高さが、高いところで3mを超える場合。
      沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
      津波警報 予想される津波の高さが、高いところで1mを超え、3m以下の場合。
      沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
      津波注意報 予想される津波の高さが、高いところで20cm以上1m以下の場合であって、津波による災害のおそれがある場合。
      海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸から離れてください。

※地震規模の確定に時間を要する巨大地震の場合、大津波警報では「巨大」、津波警報では「高い」と表記して発表される。
「巨大」、「高い」と発表された場合は緊急事態なので、すぐに高台などの安全な場所へ逃げること。

避難

避難は「原則」
徒歩で
  • ・自動車での避難は道路の渋滞に巻き込まれるおそれがあるため、可能な限り徒歩で避難する。
  • ・東日本大震災(2011年)では、道路が渋滞し避難者が混乱した。
「川沿い」を避ける
  • ・津波には川の河口から上流に向かって逆流するパワーがあり、河口から数十キロの地点まで津波が遡上(そじょう)したこともある。
  • ・沿岸の地形などにより、遡上する距離も変わってくるが、河口から離れた地域でも川沿いを避けるようにする。
木造の建物には
逃げない
  • ・木造家屋は、津波による浸水の高さが2m程度になると倒壊することがある。
  • ・浸水が1m程度でも半壊の被害が出ることがあるため、木造家屋に住んでいる方は、すぐに高台などの安全な場所へ避難する。
間に合わない場合は
鉄筋コンクリートの
建物へ
  • ・高台まで距離があり、避難が間に合わないと判断した場合は、鉄筋コンクリート製の建物のできるだけ高い階まで逃げる。
  • ・事前に周囲の鉄筋コンクリート製の建物を確認しておきましょう。

そなえる

「30cm」の津波でも人間は流される
・津波は海底から海面までの水が一気に陸地へ押し寄せる現象なので、たとえ30cmの津波でも、屈強な人でさえ簡単に流されてしまう。
・津波は、家や自動車、停泊している船なども簡単に押し流すため、警報や注意報が発表されたらすみやかに高台など安全な場所へ避難する。
小さな揺れの地震でも津波は押し寄せる
・「小さな揺れでは津波は来ない」というのは誤り。
・明治三陸沖地震(1896年)では震度4程度の揺れだったが、その後に押し寄せた津波で約2万人を超える方が亡くなったので、沿岸付近に住んでいる方は小さな揺れでも津波に対する警戒が必要。
津波は何度も押し寄せる
・津波は何度も押し寄せ、第2波以降の波が急に高くなることもある。警報や注意報が解除されるまでは、高台などの安全な場所へとどまる。
引き波に巻き込まれると沖合まで流される
・陸地に流れ込んだ津波は、時間がたつと海へ戻ろうとする。その力は大きく、街中の物が沖合まで流されてしまうこともある。
ハザードマップで浸水エリアを確認する
・津波による浸水被害が想定されている地域では、自治体がハザードマップを作成しているので、事前に浸水地域や避難場所、避難経路などを確認する。
※ただし、ハザードマップはあくまで「予想」であるため、予想を超えた津波が押し寄せた場合は、浸水エリアが大幅に拡大するおそれがある。気象庁から警報や注意報が発表された場合は、すみやかに高く安全な場所へ避難するなど、安全を最大限考慮した行動が重要。
本文はここまでです このページの先頭へ

Copyright (C) 2017 Rescuenow.Inc.

もしものときに備えよう 防災コラム


Yahoo!防災速報アプリをダウンロード
災害コラムについての免責事項
  • 災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。
  • 本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の責任においてご利用いただきますようお願い申し上げます。
  • なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANではいっさいお答えすることができません。ご了承ください。
ダウンロードについての免責事項
  • ※「App Store」ボタンを押すとiTunes(外部サイト)が起動します。
  • ※アプリケーションはiPhoneとiPod touchでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • ※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。