熱中症熱中症とは

体温の上昇と調整機能のバランスが崩れると、どんどん身体に熱が溜まってしまいます。このような状態が熱中症です。
熱中症の症状が出てしまった時は適切な応急処置をしましょう。

出典: アフロ

目次

体温を平熱に保つために汗をかき、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)の減少や血液の流れが滞るなどして、体温が上昇して重要な臓器が高温にさらされたりすることにより発症する障害の総称です。
高温環境下に長期間いたとき、あるいはいた後の体調不良はすべて熱中症の可能性があります。
熱中症は正しい予防法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。あらかじめ確認しておきましょう。

その症状、熱中症かも?

症状

重症度Ⅰ度
  • 手足がしびれる
  • めまい、立ちくらみがある
  • 筋肉のこむら返りがある(痛い)
  • 気分が悪い、ボーッとする
重症度Ⅱ度
  • 頭ががんがんする(頭痛)
  • 吐き気がする、吐く
  • からだがだるい(倦怠感)
  • 意識が何となくおかしい
重症度Ⅲ度
  • 意識がない
  • 体がひきつる(けいれん)
  • 呼びかけに対し返事がおかしい
  • まっすぐ歩けない
  • 走れない
  • 体が熱い

応急処置

重症度Ⅰ度 涼しいところで一休み。冷やした水分・塩分を補給しましょう。
誰かがついていれば見守り、良くならなければ病院へ。
重症度Ⅱ度 Ⅰ度の処置に加え、衣服をゆるめ、体を積極的に冷やしましょう。
病院に搬送し、治療を受けましょう。
重症度Ⅲ度 一刻もはやく救急車を呼び、最寄りの病院に搬送しましょう。

熱中症を引き起こす3つの要因

要因その1 環境

  • 気温が高い
  • 日差しが強い
  • 急に暑くなった日
  • 湿度が高い
  • 閉め切った屋内
  • 熱波の襲来
  • 風が弱い
  • エアコンの無い部屋

要因その2 からだ

  • 高齢者や乳幼児、肥満の方
  • 下痢やインフルエンザでの脱水状態
  • 糖尿病や精神疾患といった持病
  • 二日酔いや寝不足といった体調不良
  • 低栄養状態

要因その3 行動

  • 激しい筋肉運動や、慣れない運動
  • 長時間の屋外作業
  • 水分補給できない状態

体温の上昇と調整機能のバランスが崩れると、どんどん身体に熱が溜まってしまいます。
このような状態が熱中症です。

出典:環境省「熱中症環境保健マニュアル 2018」を元にYahoo! JAPANにて作成

2019年04月18日公開

おすすめの記事
熱中症熱中症の応急処置
応急応急手当
応急心肺蘇生法

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。