内水氾濫発災時のNG行動

頑丈な建物にいるときは、急な豪雨が降ってきたら無理に外に避難せず2階以上の高い場所に移動して雨がおさまるのを待ちましょう。
ここでは内水氾濫が予想される時のNG行動をご紹介します。

出典: アフロ

目次

河川や用水路の周辺に近づかない

  • 大雨によって河川や用水路の水かさが増し、その周辺にも激しい水の流れができることがある。
  • これまでにも、側溝のフタが外れていることに気づかず、そのまま流されて死亡する事故が発生している。
  • 大雨で増水しているときは決して河川や用水路の周囲にも近づかないようする。

アンダーパスには近づかない

  • 突発的に発生する短時間の大雨では、降雨量が都市の排水処理能力を超えることがある。
  • 処理しきれなかった雨水は標高が低い場所へと流れ込むため、アンダーパス※はあっという間に冠水する。
  • これまでにも、車両が冠水したアンダーパスに取り残され、水没した車内で溺死する事故も発生しているため、車を運転中に大雨に遭遇した場合はできるだけ低い場所を避けて運転する。
    ※アンダーパス:立体交差で、鉄道や道路の下を通る掘り下げ式の地下道。

地下施設から地上へ避難する

  • 突発的に発生する短時間の大雨では地下施設が冠水し、たびたび死者も出ている。
  • 地下施設にいるときは、気象庁が発表する最新の気象情報などを随時確認する。

山などの急な斜面には近づかない

  • 現在の科学技術では、土砂災害がいつ・どこで・どの程度の規模で発生するのかを予測することは困難。
  • 大雨警報や土砂災害警戒情報が発表された場合は、山などの急な斜面に近づかないようする。
  • 「斜面から小石が落ちてくる」、「湧き水がにごる」など、異常があった場合は、安全を確保したうえで避難する。

出典:レスキューナウ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
内水氾濫避難の注意点と避難所に行けない時
内水氾濫知識と備え
ガスガスの停止に備える

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。