IDでもっと便利に新規取得

ログイン

    
    
    

水道水道水の保存方法

震災時には水道が止まることがあります。
ペットボトルの飲料水の備蓄や、生活用水のため置きなど確保を考えておきましょう。

出典: 東京都発行「東京防災」

目次

水道水の保存方法

飲料水として保存する

水をくみ置きするときは、ペットボトルなどの清潔な容器の口元いっぱいまで水道水を入れます。直射日光を避ければ、3日程度は飲料水として使用できます。ただし、浄水器を通すと塩素による消毒効果がなくなるため、毎日くみ替える必要があります。

生活用水として保存する

一般家庭の風呂の場合、約 180ℓの水がため置きできます。風呂に水を張って保存しておけば、洗濯、掃除、トイレ、散水などの生活用水として利用することができます。

脱水症状を防ぐ

材料
水、砂糖、塩

脱水症状を防ぐため、吸収率が水の約25倍の経口補水液を作っておくといいでしょう。材料は、水、砂糖、塩だけ。水1Lに対して、砂糖大さじ4 杯(約40g)、塩小さじ0.5 杯(約4g)を溶かします。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」197-198ページ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
災害時の知恵身近な素材の活用術
災害時の知恵食器の作り方
ガスガスの停止に備える

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。