IDでもっと便利に新規取得

ログイン

    
    
    

地震知識と備え

近年の地震による負傷者の30〜50%は、家具類の転倒・落下・移動が原因です。ここでは室内の備えをご紹介します。
またハザードマップで避難場所、避難経路などを確認しておきましょう。

出典: 東京都発行「東京防災」

目次

室内の備え

地震負傷者の30~50%は家具類の転倒・落下・移動

近年の地震による負傷者の30〜50%は、家具類の転倒・落下・移動が原因です。
部屋に物を置かないことが最大の防御。次に下敷きにならないように家具類を配置する。
その上で器具による家具類の転倒・落下・移動防止対策を行えば、ケガのリスクを低くすることができます。

なるべく部屋に物を置かない

納戸やクローゼット、据え付け収納家具に収納するなど、できるだけ生活空間に家具類を多く置かないようにします。
緊急地震速報を聞いたとき、すぐに物を置いていない空間に避難すれば安全です。

避難経路確保のレイアウト

ドアや避難経路をふさがないように、家具配置のレイアウトを工夫しましょう。
部屋の出入り口や廊下には家具類を置かないように、据え付けの戸棚に収納。さらに引き出しの飛び出しに注意し、置く方向を考えます。

火災などの二次災害を防ぐ

家具類がストーブに転倒・落下・移動すると、火災などの二次災害を引き起こす危険があります。
また、発火のおそれがある家具・家電も転倒・落下・移動防止対策が必須です。

転倒・落下・移動防止対策はネジ止めが基本

家具類のレイアウトを工夫したら、器具による家具類の転倒・落下・移動防止対策を行います。最も確実な方法は、壁にL型金具でネジ止めすることです。
ネジ止めが難しい場合は、突っ張り棒とストッパー式、突っ張り棒と粘着マットを組み合わせると効果が高くなります。

キャスター付き家具はロック

日常的に動かして使う場合、移動時以外はキャスターをロックし、定位置がある場合は壁や床に着脱式ベルトなどでつなげます。
普段動かさない物は下皿や、ポール式器具などを設置し、固定します。

テーブル・イスの滑り止め

壁面に接して置いていない背の低い家具類の中でも、特にテーブルやイスは移動防止対策が必須。
粘着マット、カーペットの場合は滑り防止マットを設置します。

長周期地震動への対策

長周期地震動は、大きくゆっくりとした揺れが続くのが特徴です。
そこで注意が必要なのが、つり下げ式照明、観賞用水槽やウォーターサーバーなど水をためる物。適切な器具で対策を施しましょう。

転倒・落下・移動防止器具

L型金具(下向き取り付け)

家具と壁を木ネジ、ボルトで固定。スライド式、上向き、下向き取り付け式があり、下向き取り付けが最も強度が高い。

ポール式器具(突っ張り棒)

ネジ止めすることなく、家具と天井の隙間に設置する。粘着マットやストッパーとの組み合わせで強度が高くなる。

粘着シート(マット式)

粘着性のゲル状で、家具の底面と床面を接着させる。

着脱式移動防止ベルト

壁とキャスター付き家具をつなげ、移動を防止する。

チェーン

つり下げ式照明器具などをチェーンやワイヤーなどで結ぶ。

ストッパー式

家具の前下部にくさびを挟み込み、家具を壁際に傾斜させる。

キャスター下皿

キャスターの下に置き、家具の移動を防止する。

ガラス飛散防止フィルム

ガラス製の扉、窓などに貼るフィルム。割れた際の破片飛散を防ぐ。

室外の備え

居住地域を知る

家のまわりの地形や地質、崖地など危険な場所、過去の災害とその対策を知ることは、災害対策に必要不可欠です。
また、避難場所や避難経路、広い公園などのオープンスペース、公民館、コンビニなどの施設を確認しておきましょう。いざというときに早めの対応ができ、安全な場所に避難することができます。

避難先を確認する

避難指示が出たり、火災の危険が迫ったときは、近くの小中学校や公園などの一時集合場所に避難します。
そこが危なくなったら、大きな公園や広場などの避難場所に移動。自宅が被害を受け、生活困難な場合は避難所でしばらく生活します。
それぞれの違いを理解しておくことが大切です。

避難所


「JIS Z8210」より引用

避難場所


「JIS Z8210」より引用

一時集合場所

避難場所へ避難する前に一時的に集合して様子を見る場所です(学校のグラウンド、近所の公園など)。

避難先を確認する

ハザードマップを確認する

ハザードマップは、災害被害の軽減や防災対策のため、被害想定区域や避難場所、避難経路などの情報を表示した地図のことです。
自分が住んでいる場所の浸水や土砂災害、液状化の危険性などを確認しましょう。

居住地の災害史を学ぶ

防災対策は過去の災害の教訓をもとに立てられています。過去の洪水や地震などの災害の歴史を学ぶことで、現実感を持った備えが可能になります。
近所で昔から住んでいる人に話を聞いたり、図書館で地域の災害の歴史を調べたりしましょう。

ハザードマップを確認する

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」94-99, 114-115, 119ページ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
地震避難のタイミング
地震避難の判断
地震安全に避難するチェックポイント

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。