IDでもっと便利に新規取得

ログイン

    
    
    

応急傷病者の体位管理

災害時に怪我をした人に適した体位を保つことは、呼吸や血液の循環を維持し症状の悪化を防ぐのに有効です。
傷病者の希望する、最も楽な体位にして安静を保ちましょう。

出典: 東京都発行「東京防災」

目次

傷病者の体位管理

仰向けに寝かせるのが基本

平らな所に仰向けに寝かせるのが基本。最も安定して、リラックスできる姿勢です。

吐いたり背中にケガをしている

顔を横向きにして、うつぶせ。吐いた物がのどに詰まらないように注意します。

頭にケガをして呼吸が苦しそうなとき

仰向けに寝かせ、クッションなどで上半身を少し起こしておきます。

腹痛や腹部にケガをしている

クッションなどで上体を起こし、ひざの下にもクッションを当ててひざを立てます。

呼吸や胸が苦しそうなとき

脚を伸ばして座らせ、脚と胸の間にクッションなどを挟み、上半身をあずけます。

呼吸はしているが意識がない

気道を確保するために、横向きにして上の脚のひざを 90度曲げて寝かせます。

熱中症・貧血・出血性ショック

仰向けに寝かせ、脚元にクッションを置き、脚を15~30㎝高くしておきます。

傷病者の搬送法

背負う

傷病者を背負い、ひざの下から腕を入れて両ひざを抱え込み、両手をしっかり持って運びます。ただし、意識障害、骨折、内臓損傷のある傷病者には不適当です。

担架などを使う

担架にのせる場合には、傷病者の足側を前にし、動揺や振動を与えないようにして運びます。傷病者の状態を悪化させないように運ぶための重要な方法です。担架がない場合は、丈夫な板などで代用することも可能です。

出典:東京都発行 防災ブック「東京防災」184-186ページ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
応急応急手当
災害時の知恵被災時の足の保護の仕方
災害時の知恵身近な素材の活用術

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。