河川洪水発生と注意点

河川洪水・氾濫の予兆はやはり大雨や長雨です。
住んでいる地域で雨が長く続いているときや、強い雨の時間が長いときは特に注意が必要です。

出典: 日本気象協会推進「トクする!防災」

目次

河川洪水

大雨等により河川の水位が上昇することを「河川洪水」といいます。更に水位が上昇し、堤防から水が溢れたり、堤防が決壊して起こる現象を「河川氾濫(外水氾濫)」といいます。
その場に降った大雨がはけきれずに地表に溢れる「内水氾濫」とは異なり、大量の水が速い速度で一気に市街地へ流れ込み、河川の近くではわずかな時間で住宅等の浸水や倒壊、人的被害が起こるという特徴があります。一度発生すると広域に被害が及び、数週間にわたって水が引かないこともあります。
また、流域内の積雪が大量に解けて河川の水位が上昇することにより引き起こされる洪水を「融雪洪水」といいます。融雪洪水は、4~5月頃に大雨や気温の急上昇などの影響によって発生することが多いです。

長く続く大雨に注意

河川洪水・氾濫の予兆はやはり大雨や長雨です。
住んでいる地域で雨が長く続いているときや、強い雨の時間が長いときは特に注意が必要です。
住んでいる地域で雨が降っていなくても、近隣の川の上流で大雨になっていると、やがてその水が流れてきて洪水・氾濫の危険性が高くなります。

水害(河川氾濫)の予兆
  • 自分の地域で豪雨や長雨が続いている
  • 近くの川の上流で、豪雨や長雨が続いている

出典:日本気象協会推進「トクする!防災」

気象警報・注意報が発表されたら河川に近づかない

  • 気象庁は、災害が起こるおそれのあるときに「注意報」を、重大な災害が起こるおそれのあるときに「警報」を発表する。
  • 警報や注意報の発表時に河川へ近づくことは厳禁!

「特別警報」発表時は、重大な災害の危険性が著しく高まっている。身を守るために最善を尽くし、最大限の警戒を!

全国の警報・注意報

河川の近くにいるときは、天気や水位の変化に細心の注意を!

天気の急変に注意
  • 急にくもって空が暗くなったり、急に冷たい風が吹いてきたりしたときは、大雨をもたらす積乱雲が近くに発生している可能性がある。
  • 積乱雲が発達すると、雷を伴って短時間に激しく雨が降ることがあり、河川の急激な増水・氾濫の危険性が高くなる。
  • 天気の急な変化にいち早く気づくことが重要。
すばやく河川から離れる
  • 大雨で河川や用水路の水位が上昇すると、道路と河川の境界が分からなくなることもあり、側溝のふたが外れていることに気づかず、そのまま流される事故が発生している。
河川の水位が上がる前触れ
  • 河川の流れが速くなる
  • 水が濁る
  • 木の葉や枝が流れてくる

前触れに気づいたら、急いで河川の近くから離れ、安全な高台に避難し、増水した河川には決して近づかない。

その場では雨が降っていなくても急に増水することがある
  • 自分のいる場所が晴れていても、河川の上流で大雨が降ると、下流で急に増水することがある。
  • わずか10分で河川の水位が1m30cmも上昇し、多くの方が亡くなられた事例も。
  • 河原でキャンプや川遊びをする際は、上流の空に黒い雲が見えるなど、少しでも異変を感じたら安全確保に努める。

雨雲レーダー

サイレンの音にも注意
  • 上流にダムのある川では、大雨時には一時的に放流量が増えることがあり、このときに放流を予告するサイレン音が流れる。
  • サイレンを聞いた場合は河川には絶対に近づかない。
  • 河原でキャンプや川遊びをする際には、事前に上流ダムの有無や周辺の各種案内等を確認し、天候の状態には常に気を配る。

出典:レスキューナウ

2019年02月14日公開

おすすめの記事
河川洪水避難のタイミング
河川洪水避難する時の注意点
河川洪水知識と備え

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。