IDでもっと便利に新規取得

ログイン

    
    
    

台風高潮

高潮は、海面水位(潮位)が上昇する現象です。
高潮が発生し、一度浸水が生じると低地における浸水被害が急速に広まることになります。ハザードマップで危険と記載がなくても、避難意識を持つことが重要です。

出典: アフロ

目次

高潮とは

台風など強い低気圧が来襲すると、波が高くなると同時に海面の水位も上昇します。これを高潮といいます。
高潮も波の一種ですが、周期が数時間と非常に長いため、波というよりむしろ海の水位が全体的に上昇する現象となります。
海水のボリュームがけた違いに大きいため、一旦浸水が始まると、低地には浸水被害が一気に広がることになります。

高潮発生のメカニズム

高潮の発達には主に二つのメカニズムがあります。

一つは大気圧の低下に伴い、海面が吸い上げられるように上昇する「吸い上げ」と呼ばれる現象です。
大気圧が1hPa低下すると海面は約1cm上昇します。平常時の大気圧は1,013hPa程度であるため、台風の中心気圧が910hPa程度になると、台風の中心では海面が約1m上昇することになります。

二つ目のメカニズムは、湾口から湾奥に向けて強風が吹き続けることにより、湾の奥に海水が吹き寄せられて海水面が上昇する「吹き寄せ」です。
この「吹き寄せ」による海水面の上昇は、風速が速いほど、湾の長さが長いほど、湾の水深が浅いほど大きくなります。
北半球では、台風など熱帯性低気圧の常襲地帯で、南に開いた長い湾、しかも湾内の水深が浅い場合には、高潮の水位上昇量が大きくなります。

二つのメカニズムに加え、砕波する場所より岸側においては、「ウェーブセットアップ」という砕波による海水面の上昇が加わります。

高潮の被害

高潮の被害としては、浸水による溺死や、家屋の破損・流出、船舶の損傷・衝突など、さまざまな被害が発生します。

対象被害形態の例
人的被害 溺死、漂流物による怪我、漂流中の異物の飲み込み等による病気 等
家屋被害 家屋の浸水・流出・破壊、浸水による電気製品等の障害 等
防災構造物被害 洗掘による破壊・倒壊・変異、漂着物の大外力による破損、ブロック堤の沈下・散乱 等
交通障害
鉄道
線路冠水、法面洗掘、道床決壊、軌道移動、鉄橋変異、臨海線埋没
道路
越波による地崩れ、道路冠水、漂流物衝突による変位や落橋、橋台周辺の洗掘が原因の落橋、法面洗掘、漂流物堆積による交通閉鎖
港湾
土砂堆積による水深低下、局所洗掘による港湾構造物の破壊、流出物による港口閉鎖等の機能障害、港の旅客待合室に浸水
空港
空港冠水
ライフライン被害
水道
漂流物衝突による消火栓・給水栓崩壊、河川よりの給水口の破壊
電力
電柱倒壊・流出による送電停止、発電所浸水による障害や停電
通信
電柱や架空ケーブルの被害、地下ケーブルの立ち上がり部切断、電話機の冠水被害
下水道
排水溝を通じての浸水、上水道への海水進入
産業被害
水産業
養殖筏や魚網の流出、漁船流出・破壊、漁船発火消失
商工業
浸水による商品価値の喪失
農業
冠水による作物被害、流入土砂による農耕地埋没、土砂または漂流物による用水路陥没
森林被害 幹折れ・倒伏・土壌洗掘などの物理的被害、浸塩水・埋砂による生理害
火事 流出家屋台所から出火、漁船機関室からの出火、漏電による発火
ガソリン保管庫への漂流物衝突による出火、スイッチボックスへの衝突による出火
石油・毒物の流出 船の被災による油の流出、火事の火元および延焼の原因、環境汚染
地形変化 河口砂州切断、浅瀬の変化、砂浜の変形、河川内堆砂

日頃の備え

高潮の被害から身を守るには、情報を正しく認識しておくことが重要です。また、これらの情報は、万が一避難指示等によって避難する場合でも当然必要なことですから、自らの生命を守るために常日頃から注意することが重要です。

自宅・勤務地などの高潮危険度の把握

予め、過去の災害を知り、高潮ハザードマップなどにより、自宅や勤務地周辺の危険性を把握しておきましょう。
また、万が一高潮による浸水被害が発生した場合に、どのような状況が予想されるかについても把握しておきましょう。

ハザードマップを確認する

避難場所・避難経路の確認

いざというときのために、家族で話し合って、避難場所や避難経路を決めておきましょう。
もしもの時に備え、避難場所までの避難経路も、実際に歩いてしっかり確認しておきましょう。

避難場所マップを確認する

非常持出品の用意

大きな災害が発生した場合、救援活動が行われますが、救援物資が各自に届くまでには2~3日かかるといわれています。
そのため、非常時にそなえて3日分の食料・水を確保しておきたいものです。
ただし、避難持に大きな荷物になりすぎないように、最小限のものを用意しておきましょう。

持ち出し品リストを確認する

避難行動

早め早めの対応を

まずは、正しい情報の入手を

台風などの状況は刻々と変化します。テレビ、ラジオなどで気象情報に注意し、最新の災害情報の入手に努めましょう。各種の注意報や警報など正しい情報に基づく早めの行動が被害を最小限にくいとめます。

事前の準備
  • 断水・停電に備え、水、食料、懐中電灯、ラジオなどを準備する。
  • 避難に備え、非常持出品を点検する。
  • ベランダの鉢植えなど、小物を取り込む。
  • 家の周りの物を取り込む、または固定する。
  • アンテナの補強、瓦やトタンのはずれなどを点検する。
  • 窓や戸など、応急的に必要なところは補強する。
  • 側溝に泥やごみが詰まっていないか確認する。
  • 床上浸水に備え、家財等を移動する。
  • むやみに外出しない。

自主的避難の判断

高潮は地震と違って、気象情報や前ぶれの現象などにより、ある程度の予測は可能です。しかし、湾奥など地形特性によって局地的に高くなる高潮までは予測できません。
また、このような局地的な現象はあまり時間を与えてくれませんので、自分自身ですばやく判断して行動する必要を迫られる場合もあります。

出典:国土交通省ホームページ

2019年07月18日公開

おすすめの記事
台風台風とは
台風暴風
台風発災時のNG行動

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。