IDでもっと便利に新規取得

ログイン

    
    
    

竜巻避難のポイント

竜巻を目撃した場合は、早急に安全な場所へ避難しましょう。
室内では、雨戸やカーテンを閉め、建物の最下層かつ中心に近い場所へ移動し、窓から離れましょう。

出典: アフロ

目次

竜巻が身近に迫ったときの特徴

竜巻に遭遇した人からは次のような声を聞きます。このような場合には、あなたの身に危険が迫っています。

  • 雲の底から地上に伸びる漏斗状の雲を見た。
  • 飛散物が筒状に舞い上がるのを見た。
  • ゴーという音がしたのでいつもと違うと感じた。
  • 気圧の変化で耳に異常を感じた。

出典: 気象庁ホームページ

避難

屋内の場合
  • 一戸建ての場合はなるべく1階に移動する。
  • 竜巻の衝撃で窓ガラスが割れたり、外から飛来物が入ってきたりするので、窓のない部屋に避難する。
  • 窓、雨戸、カーテンを閉めて窓際から離れる
  • 頑丈な机やテーブルの下に入り、身を小さくして頭と首を守る

屋外の場合
  • 突風による飛散物から身を守るため、物陰やくぼみなど飛散物の直撃を受けにくい場所に隠れる。
  • 身を小さくして頭と首を守る
  • 軽量素材で造られたプレハブの建物(物置や倉庫など)や樹木・電柱などは、突風にあおられて倒れる可能性もあり危険なので近づかない

出典: レスキューナウ

2019年04月18日公開

おすすめの記事
竜巻知識と備え
応急応急手当
応急傷病者の体位管理

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。