IDでもっと便利に新規取得

ログイン

    
    
    

火山噴火警戒レベルと避難

火山噴火に備えておきましょう
・火山ハザードマップを確認してどう避難したらいいか考えておく。ヘルメットなど準備。
・携帯電話などで噴火警報や予報の情報入手をできるようにしておく。

出典: アフロ

目次

火山災害の時はどのように行動したらいいか?

火山災害時は事前の迅速な避難が、人的被害の有無を大きく左右します。

  1. 火山防災マップを見て、噴火警戒レベルに対応する危険な場所を確認しておきましょう
  2. あらかじめ、避難場所や避難経路を確認しておきましょう
  3. 気象庁が発表する噴火警報・噴火警戒レベル等に留意しましょう
  4. 噴火の恐れがある場合には、「警戒が必要な範囲」から事前の避難が必要です。地元の市町村の指示があった場合には、それに従いましょう

噴火警戒レベル

噴火警戒レベルは、火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標です。

出典: 首相官邸ホームページ

[噴火警戒レベルが使用される火山] レベル5:特別警報、避難、居住地域へ重大な被害を及ぼす噴火が発生、または切迫している。危険な居住地域からの避難が必要。 レベル4:特別警報、避難準備、居住地域へ重大な被害を及ぼす噴火の可能性が高まっている。避難準備を早急に行い、要配慮者の避難が必要。 レベル3:警報、入山規制、居住地域の近くまで重大な被害を及ぼす噴火の可能性がある。要配慮者の避難準備を開始する必要がある。 レベル2:警報、火口周辺規制、火山周辺に影響を及ぼす噴火が発生する可能性がある。火山周辺への立ち入りが規制されることもある。 レベル1:予報、活火山であることに留意、火山活動は静穏

[噴火警戒レベルが使用されない火山] 特別警報:噴火警報、居住地域厳重警戒、居住地域に重大な違いを及ぼす噴火が発生、または発生すると予想される。 警報:火口周辺警報、火口周辺危険、火山周辺に影響を及ぼす噴火が発生、または発生すると予想される。 予報:噴火予報、活火山であることに留意、火山活動は静穏。

出典: 気象庁ホームページ

登山中も常に注意をする

登山中の心得

火山に登山をする際には、以下のようなことを心がけ、リスクを下げましょう

  • 何の前ぶれもなく噴火する可能性もあります。常に火口付近の様子に気を付けましょう!
  • 噴気などの異常現象を発見した時は、安全な場所まで避難または下山するとともに、地元市町村や警察、気象台などに通報しましょう。
  • 火山ガスは空気より重く、窪地や谷などに溜まっていることがあります。絶対に立ち入らないでください。
  • 登山中は、携帯電話の電源はONにし、緊急速報メールや防災行政無線から流れる情報に注意しましょう。通信機器の電波が入りにくい場所もありますので、電波が届いているかどうか確認することも大切です。
  • 噴火により、火口近傍には無数の大小の噴石が吹き飛ばされ、直接、生命や人体に被害を与えます。 噴火に遭遇したら、直ちに火口から離れるとともに、近くの山小屋やシェルター、岩陰などの身を隠せる場所に避難しましょう。また、ヘルメット ・ ゴーグルを着用し、マスクや湿らせたタオルなどで口を覆いましょう

出典: 内閣府ホームページ

2019年04月18日公開

おすすめの記事
応急応急手当
応急傷病者の体位管理
災害時の知恵被災時の足の保護の仕方

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。