大雪避難のタイミング

大雪の際は視界が悪くなります。方向感覚を失い、遭難や凍死のおそれもあり大変危険です。
倒壊のおそれがあるなど身に危険が差し迫っている場合以外は、自力での避難はせずに周囲に救助を求めたり、消防・警察に通報したりして屋内にとどまりましょう。

目次

大雪における避難のポイント

無理に避難しない

大雪の際は視界が悪くなります。方向感覚を失い、遭難や凍死のおそれもあり大変危険です。

なるべく屋内にとどまる

倒壊のおそれがあるなど身に危険が差し迫っている場合以外は、自力での避難はせずに周囲に救助を求めたり、消防・警察に通報したりして屋内にとどまりましょう。

早めに、近くへ、安全に

やむを得ず避難を行う場合は、避難所にこだわらず近所の家なども避難先として検討しましょう。

自動車での立ち往生

周囲や消防・警察に救助を要請し、安全な場所に退避後はその場を動かないようにします。

マフラーの排気口が雪で埋まらないように注意

雪でマフラーの排気口がふさがれると、車両内に排気ガスが流れ込み、一酸化炭素中毒になるおそれがあります。定期的に排気口を確認して雪で埋まらないように注意しましょう。

車外へ避難する場合

車から離れる際、極力車を除雪作業の邪魔にならない場所へ移動させ、連絡先などのメモを貼る、キーを差しておくなどの対応を行いましょう。

出発前に防寒具や非常食の準備を。ワイパーを立てておく。マフラーが雪に埋まらないように注意。

帰宅困難

途中駅周辺の避難所の位置や、並行路線の運行状況などの情報収集を行いましょう。

引き返すことも考える

乗車している鉄道などの進行方向と逆方向の運行状況も調べ、状況に応じ職場などへ引き返せる場合は、引き返しましょう。

足止めになった時のそなえを

長時間車内や駅などで過ごすことを考え、最低限の食料などを携帯してください。

孤立

情報収集を行い、移動可能なルートの検討や、とどまるべきかなど判断を行いましょう。

都市部でも大雪による孤立は起こる

山間の地域だけでなく、都市部でも坂道の上にある住宅地などは、降雪で道が通行不能となれば孤立します。

孤立した場合

食料などの備蓄状況を確認し、電話が通じるうちに通報し救助を求めてください。

2019年04月18日公開

おすすめの記事
大雪雪崩に注意する
災害時の知恵新聞紙で暖をとる
災害時の知恵簡易リュックサックの作り方

防災手帳についての免責事項

災害発生時には政府機関や各自治体の発表する情報にも注意を払い、必要に応じてすみやかに避難等を行ってください。必ず、他の情報と併せて状況を確認するようにお願いいたします。

本サービスでは情報の伝達に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性や完全性を保証するものではありません。情報は公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
また、本サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、Yahoo! JAPANおよび情報提供者は一切の責任を負いかねます。情報はご自身の判断と責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

なお、本サービスで提供される情報の正確性や詳細情報などに関するお問い合わせには、Yahoo! JAPANでは一切お答えすることができません。ご了承ください。